主催・お問い合わせ
◆祭当日(14日15日)のお問合せは◆
島原城 TEL(0957)62-4766
〒855-0036
長崎県島原市城内1-1183-1

◆主催◆
しまばら温泉不知火まつり振興会
〒855-8555
長崎県島原市上の町537
島原市役所しまばら観光おもてなし課内
TEL(0957)63-1111

島原城薪能振興会
〒855-8550
長崎県島原市高島2-7217
島原商工会議所内
TEL(0957)62-2101
 

カウンタ

COUNTER104719

 

島原城薪能の由来

《島原城薪能の由来》
 日本が世界に誇る伝統芸能である「能楽」は、舞踏と音楽と演劇が一体となった総合芸術です。江戸時代には、幕府の武楽(儀礼用の演劇)となり、島原城の能舞台では、藩主も盛んに能を催し、やがて領民にも広まり、藩主に招かれて上演しました。島原には「能・狂言」の長い歴史と文化が伝承されています。
 また、島原藩の記録松平文庫には、多くの能・狂言の教本が伝えられています。
 この歴史と伝統のある古典芸能を継承していこうと、昭和58年に「島原城薪能」として復活し、今日まで島原城天守閣前で、十周年を迎える島原子ども狂言を加えて公演を続け、今年で第31回目を迎えます。
 平成23年よりしまばら温泉不知火まつりと統合し、土曜日開催となり、島原の幽玄な秋を演出し、市内はもとより市県外のお客さまにも堪能して戴ける島原の大事な伝統行事のひとつです。